収入よりも安定性が大切です

自営業の人はカードローンの審査に通りにくいという事は誰もが聞いた事があるフレーズであり、考えてみればその理由は誰もがわかります。まず、自営業者は収入が不安定である事が多いです。実際に年収に換算すれば中々の年収を誇っていたとしても、全く収入が無い月もあれば年収の半分程を得られる月もあります。

カードローンは毎月少しづつ返済していく事になるので、収入が毎月安定していなければ滞納する可能性があります。これは金融機関にとってはリスクであるので、審査は厳しく行われます。

しかし、収入さえ安定していれば何の問題もありません。数ヶ月に渡って一定の収入が毎月ある事を証明する事が出来れば借入は可能です。その証明証として収入証明やその他の証明になる書類の提示を求められる事が多いです。そんな時の為に予め用意しておく事が大切です。

自営業専用のカードローンとは

カードローンで借りたお金は事業資金にする事は出来ません。では事業資金にしたい場合にはどうすればいいのかというと、個人事業主専用のカードローンに申込ます。これは会社員では作る事が出来ないので、注意が必要です。

この個人事業主専用のカードローンは事業資金にも家計のやりくりにも使用する事が出来ます。また、本来のカードローンは年収の3分の1までしか借入する事ができませんが、個人事業主専用のカードローンの場合は年収以上に借入する事が可能になっています。

また、金利においても一般向けカードローンよりも低金利に設定されている事が多いです。金額は大きければ大きい程に金利が低くなるのが基本であるので、安心して事業資金に充てる事が出来ます。

銀行から借入を断られても消費者金融の個人事業主専用のカードローンを利用する事がお勧めです。

カードローン裏技ガイド
Copyright© カードローン裏技ガイド All Rights Reserved.